サイトマップ
Q&A質問コーナー

ごあいさつ | Message of Womenについて | SOHO・在宅ワークについて > まずは、どこかで経験者 | 当社について


まずは、どこかで経験者、これが常套手段です。

独立している多くの人が、まずは実社会(現実の会社)で経験を積んでいます。会社という組織には、独立してやっていくための基本的な物事が一式揃っています。価格表、見積もり書、納品書、請求書、客先への対応、営業の仕組みなどなど。だから、本気でその仕事をしようと思うなら、まずは実社会の会社に就職してしまうことをすすめます。学生などの新社会人にも同じことが言えますが、未経験だと、なかなか希望する職種、会社に入ることはむずかしいのが現実です。大手、中堅の会社など会社自体に体力のある会社は仕事のできない未経験者に給料を払って、仕事を覚えさせてくれても、中小企業の多くは即戦力として使える人材を望んでいます。このため、門戸を開くところは少ないかもしれませんが、それでも、中には、やる気と根性さえあればチャンスをくれる会社もあります。

自分のやりたい仕事を決めたら、その業界の会社を百社だってあたってみるのも手だと思います。今どこの企業も欲しい人材は「目的意識」のはっきりした人材です。
どこの経営者も学歴ではなく本人のやる気次第で仕事なんて、いくらでも実践で覚えられることを知っています。こんなとき、面接採用を突破するコツは、まずは自分の都合は我慢して金の問題じゃない、どうしてもこの仕事が覚えたいから、ここで働かせてくださいと、しっかりアピールすることです。「えー。でも最低いくらはもらえないとォ」などと言ってはいけません。

大切なことは、まずは働きたいその業界の経験者になることです。

入って仕事を覚えてしまえばこっちのものです。もし、実力がついてもそれに応じた報酬が支払われないときには、あらためて高く買ってくれるところに売り込みに行けばいし、このときには、経験者で応募できるから戦う土俵がおのず違います。

文字入力の仕事を在宅でしようと思うときにも、同じです。ネット上のメール営業で受注しようと思うよりも、まずは地元でどこか文字入力の仕事がある会社を探すことをすすめます。入力屋、DPEセンター、広告屋、印刷屋、出版社、地元のミニコミ誌、何でもいいから、とにかく一軒つきあってみないことには話になりません。
一本の仕事を引き 受けて、受注から納品までを経験しなければ、その先へと進めないだけの話です。

メール営業が得意ならそれも有りですが、メール一本ですぐに仕事を受注できることなどまず1000件に1も件ないと思った方がいいのです。地元や近所の会社に足を運んで、相手がネット通信をできる環境なら何度かつきあう中で、試してみみればいいし、いきなり在宅でしかできませんと言ったら、それでもう仕事を頼まないことの方が多いのです。まずは何でもやります精神で人間関係を築いてから、通信 を使う方が賢明です。

そうやって、何社か仕事のやりとりを繰り返すと、相手のパソコン環境により、どんなファイル形式で互いにやりとりすれば問題ないかがわかってきます。そうした仕事に付随する多くのアクシデントを経験して、それを解決できるノウハウをためてから、今度は遠くの会社の仕事をネット上で受けることも可能になります。





Netscape Navigator 3.0以上またはMicrosoft InternetExplorer3.0以上をご利用ください。
株式会社CBTカプトブレーントラスト
〒277-0872千葉県柏市十余二248-3
TEL:0471-46-5520 FAX:0471-40-1088
(C) Copyright:1999 CAPUT BRAIN TRUST All right reserved. お問い合わせE-mail MessageofWomen@caput.co.jp