サイトマップ
メールマガジン

主婦マーケティングとは | 主婦マーケティングのポイント > 主婦の二極化 | 主婦の買い物調査データ


主婦の二極化

主婦がどんどん二極化していると感じます。どんなふうに二極化しているかと言うと、<
こだわる主婦>と<こだわらない主婦>。言い方を変えれば<考える主婦>と<考えない主婦>というふうに。

こだわらない主婦、考えない主婦が買い物の第一に選ぶ基準が<
価格・安さ>です。何もこだわりがないとき、モノは何しろ安い方がいいのは当然のことです。
一方、こだわる主婦、考える主婦は<
自分の認める価値>に対して結構な対価を払います。たとえば、食品の安全性にこだわる主婦は安売りのスーパーにチラシになびきません。
そうした主婦は食品の安全性について勉強もし、食品添加物の何がどう人体に影響を与えるなどについても知識が豊かです。ですからそうした主婦は食品など、それが100円高かろうが安全性の高い商品を選びます。

傾向として、そんなふうに主婦が二極化していますが、世の中の主婦がすべてこだわる主婦とそうでない主婦に二分化されているわけではありません。ある一人の主婦がこれに対してはこだわるが、これに対してはこだわらないというふうに、興味・関心のある方向がそれぞれいろいろに別れているのです。わかりやすく言えば、食品の添加物にはすごく注意を払うが、車なんか動けば何でもいいというふうに。

注目してほしい点は、そんなふうに何かに疑問を持って考え、自分なりの価値基準(こだわり)を持つ主婦がどんどん増えていることです。

そして、今多くの企業に考えてほしいことは、自社の商品やサービスの強み(
こだわり)が何なのかをきちんと自覚し、その価値を認め支持してくれる主婦と本気でつきあうことです。





Netscape Navigator 3.0以上またはMicrosoft InternetExplorer3.0以上をご利用ください。
株式会社CBTカプトブレーントラスト
〒277-0872千葉県柏市十余二248-3
TEL:0471-46-5520 FAX:0471-40-1088
(C) Copyright:1999 CAPUT BRAIN TRUST All right reserved. お問い合わせE-mail info@caput.co.jp