サイトマップ
メールマガジン

主婦マーケティングとは | 主婦マーケティングのポイント > 主婦と企業の認識のギャップ | 主婦の買い物調査データ


主婦と企業の認識のギャップ

<企業が思う主婦>と<主婦が思う主婦>にはどうも相当の認識の違いがありそうです。このギャップをしっかり埋めないことには互いに伝えたいことも伝わらないと思うのです。

●以下は主婦が企業に対して思うことの自由回答から<当社調査データより抽出>


・「女性におすすめ、主婦に最適」ということばは、もう辞めていただきたい。専業主婦は特に、専業の家庭管理者であることを認識して欲しい。「主婦業でなく、管理者の仕事」といった発想でものごとを捕らえれば、専業・兼任・一人暮らしに関係なく大きな視野で物事をとらえられるのでは?

・もっと主婦の意見を聞いてほしい。CMなんかでも気分の悪くなるものがあるし、これは男性の勝手な発想と思うものが有る。

・主婦になって4年。私は独身時代家事なんて一切したことがなかった。その私が今一番苦労していることは、炊事や洗濯じゃなく、「ごみの分別」。どうしてこんなにもいろいろな容器があって、燃えないごみがこんなに増えてしまうのだろうと、うんざりしてしまう。いっそのことジュースや牛乳など飲み物全てをスタイニー缶にしてしまって、100円くらい上乗せして販売すればみんなお店に返しに来るのではないか。もちろんお店でお金に換えてもらえるようにして。地球環境がどうのこうのと言うより、私の狭い家の環境が最悪の状態なのだ。

・主婦といっても若く仕事をしている人、子育て真っ最中の人、熟年のひといろいろです。その世代間の認識の違いをもっとくみとって欲しいものです。

・安けりゃいいってもんじゃないです。安い物は、安い理由が、高い物は高い理由があると思います。いい物は、景気が悪くても、うれているのです。景気が悪くなって、物が売れなくなったのではなく、いい物が、ないので売れないのです。
無駄な物を、買わなくなったのです。と、私は、思います。

・なぜ、一つの商品がヒットすると、便乗して同じような商品や商品名で売るのだろうか。あと、すぐ新商品がでてきて、使い勝手のよかったものがなくなってしまうのだろうか。消費者の意見は聞いてもらえないのでしようか。

・環境問題についていつも疑問に思います。企業は売れる物だったら何でも作っているようにしか見えません。シャンプーや洗剤など、もっと環境に優しい成分で作るべきではないでしょうか?容器は別売りで商品は全面的に詰替用だけにしたらよいのにと思います。

・主婦の意見をきいて開発されました。といっているけどいったいどんな主婦を対象にしているのかよくわからない

・主婦なんて、子供なんてこんなもんだろうなんて思わないで、もっといろいろな点から見て欲しい。こちらが質問したり、苦情をわざわざいうのは、その商品や会社が好きだから。嫌いならわざわざなにか言ったりしない。提言をどうくみとれるか、その人が言った奥を感じてくれるような窓口がおけないような会社は生き残れない絶対。

・主婦の立場に立ってとか良くいってますが本当は主婦の盲点、弱点をついた商売が多いとおもいます。

・一概に「主婦」といっても子供のいない「主婦」といる「主婦」では根本的な違いがあるということを忘れていただきたくないということです。はっきり言って、子供のいない「主婦」はどちらかというと「独身」の女性と近い生活が可能です。しかし、子供がいるとどうしても子供中心の生活になってしまいます。例えば、洋服なら動きやすいもの、スーパーなら子供が長くいても飽きない店、レストランなら子供向けのメニューが豊富なところetcです。特に最近の母親は自分のことは二の次でも、子供にはお金をかけることを惜しまない人が増えています。その点をもう一度考えて頂いて、小さな子供をもつ母親が生活しやすい環境を作っていただきたいと思います。

・この年齢の人はこうとか、この収入の人はこうといった固定観念を捨てて欲しい。

・主婦というカテゴリーが曖昧になってることを企業の方に(悲しいけれど)自覚していただきたいと思います。私のような「専業主婦」も少数派ですし、(今の小学校の中では)いろんなジャンルの女性や男性が自由に語れる時代ですし。

・女とか主婦とかはこんなかわいい感じでこうすればいい、みたいに思いこみでわざとらしく女っぽいデザインとか言葉遣いとかしている会社があります。勘違いしてるなと思います。女相手に配る景品だからピンクのフリフリとか。一口に女と言ってもいろんな女がいて、ピンクのフリフリが嫌いな女もいることをわかっていた方がいいと思います。趣味に合わない物はいらないと断ります。あとこういうのは近所のスタンドとか酒屋とかに多いですが趣味の悪いナスとかカボチの筆の絵のついた湯飲み茶碗や皿を年に何度か配りますが、あれは困ります。きっと趣味の悪い地元の古い社長なんだろうと思ったりします。そういう感じの富士山とか女性の着物姿とかのカレンダーも今時誰が飾るのかと思います。そういうことに使うお金があったら他のことをしたほうがいいと思います。


まだまだキリなくありましたが、ポイントになりそうな一部を選びました。
何かヒントになることはありましたか?





Netscape Navigator 3.0以上またはMicrosoft InternetExplorer3.0以上をご利用ください。
株式会社CBTカプトブレーントラスト
〒277-0872千葉県柏市十余二248-3
TEL:0471-46-5520 FAX:0471-40-1088
(C) Copyright:1999 CAPUT BRAIN TRUST All right reserved. お問い合わせE-mail info@caput.co.jp